人気ブログランキング |

障がい者自らが得た収入で生活出来る「真の自立」を目指し就労支援事業を展開。農福連携、農業の新規事業を準備中 新住所:函館市桔梗町417番地の13 電話:0138-47-2512


by セラピア函館
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:ボーダー ( 1 ) タグの人気記事

2月3日の日曜日に、第31回社会福祉士国家試験が行われた。
今回は難化傾向と言われている。
社会福祉士国家試験は、概ね6割の得点で合格となり
前回は6割を遥かに越える点数を獲得したため、
安堵しながら発表を待った。
しかし、ふたを開けてみれば、99点以上が合格。
90点より9点も調整されると言う、異例な事態となった。
合格を確信していた方も少なくないと聞いている。
その試験があっての今回の試験。
なんだか、複雑な心境の中での勉強と試験だった。

100点いや110点も点数を獲得しなければ、合格できないのか、
また、90点で合格なのか、
若しくは、以前のように、82点から88点で合格なのか。

何だか、気になる1週間を過ごしてきた。

やはり、90点以上が合格、82点以上が合格など
数字で明確に判断が出来ることを望む。

皆さん、心中は穏やかではないはず。
3月15日(金)が早く来てほしいと思う自分がいる。

何だか複雑。

なお、第30回社会福祉士国家試験は、受験料が倍となり、この回で必ず取得の受験生がいつもより多かったと思う。
また、過去問アプリの普及により、アプリを駆使する若者に有利だったことも。

さあ、今回はどんな傾向に?


by selapia | 2019-02-09 22:19 | 時事持論 | Trackback | Comments(0)