人気ブログランキング |

アンシャンテルール、セラピア障がい者自らが得た収入で生活出来る「真の自立」目指し就労支援事業を運営。函館市亀田町17の22 国道5号 JR五稜郭駅より函館山方面徒歩7分 亀田交番近く ℡0138-45-1287


by セラピア函館

2011年 02月 19日 ( 16 )

部屋食、モーニング

b0106766_2392573.jpg

ホテルグレイスリー札幌の部屋食。

ボリュームありました。
by selapia | 2011-02-19 23:09 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)
b0106766_18402498.jpg

ボリュームたっぷりで美味しいランチ

地鶏と地魚、手作り豆腐、ととと。

もちろん完食

豚汁ランチ

なんと、880円

お勧めです
by selapia | 2011-02-19 21:33 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)

朝は積雪の札幌

b0106766_20204247.jpg

道路は圧雪。

朝の札幌でした。
by selapia | 2011-02-19 21:32 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)

エレベーターからの景色

b0106766_21301785.jpg

b0106766_21301735.jpg

大丸札幌が見えます。

おしゃれですね
by selapia | 2011-02-19 21:30 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)

吹雪の札幌

b0106766_21273031.jpg

吹雪いてきた札幌。

外は、寒いです。
by selapia | 2011-02-19 21:27 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)
本日は、北海道の札幌で
国立重度知的障害者総合施設のぞみの園
研究課長の志賀利一先生の講義を聞かせていただいた。
なるほどと
大変参考になる話だった。

沢山の話題があったが
ひとつだけ
紹介したい。

就業を定着することができる
個人的要因は
下記の三点。


1、周囲を和ませる雰囲気を持っている障害者

そばにいるだけで、他の一般従業員を癒す力があること

いつも笑顔を絶やさない
毎回自分の持ち場をクリアする
返事が大変よい

など

私たちには難しい
障害者さんだけができる能力を
職場で発揮すると
定着出来る。

2、ワークモチベーションを保てる環境と仕事

ある程度の給与が、保障されていること
飽きない仕事があること
趣味が仕事になっていること
職場に仲間がいること

毎回、職場にいきたいと思えると
モチベーションを常に上向きにすることが出来る

3、自己肯定感が持つこと

自分は、きれいにお皿が洗える
枚数の数え間違いがない
休まず皆勤だ

これが出来ると
自信を持って言える
特技を持っていること

障害者さんでなければ
ここにも
出来ない技術がある

障害者の職場定着は
by selapia | 2011-02-19 20:03 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)

夕方の札幌

b0106766_19504314.jpg

JRタワーが

そびえ立つ。

夕暮れも良いですね。
by selapia | 2011-02-19 19:50 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)

今日の歩数は

2月19日、土曜日の歩数は、6728歩でした。

歩きましたね。
by selapia | 2011-02-19 19:48 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)

ぶりの照り焼きセット

b0106766_1947919.jpg

お世話になっています、大丸札幌さまの八階へ。

さんるーむ

ぶりの照り焼きセットを注文

とても、ヘルシーな食事。

さんるーむは、小さな店舗でゆっくりくつろげる日本料理亭でした。
by selapia | 2011-02-19 19:47 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)
★☆地域密着情報☆★
はこだてもりあげ隊の
一員『セラピア』さんが
新商品を作りました。
おかえり奉行所クッキー
です。函館の奉行所の
再開からセラピアさんが
作ったクッキーです。
味は味噌を使っており
素朴な味でした。
函館らしい商品で
お土産にもピッタリ★
景品カウンターにて
ご紹介中です(^_^)v


函館もりあげ隊より
by selapia | 2011-02-19 19:41 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)