人気ブログランキング |

アンシャンテルール、セラピア障がい者自らが得た収入で生活出来る「真の自立」目指し就労支援事業を運営。函館市亀田町17の22 国道5号 JR五稜郭駅より函館山方面徒歩7分 亀田交番近く ℡0138-45-1287


by セラピア函館

2008年 07月 11日 ( 7 )

土日も開所

休日でなければ、ご来所出来ない方のために。

先月から土日も開所しております。

ソフトクリームでもいかがですか?

利用者、募集してます。

見学出来ます。

どうぞ、ご来所ください。
by selapia | 2008-07-11 17:56 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)

人を長所から見よ

人は、欠点など短所を
ついつい見てしまいがちである。

この障がい者自立支援事業を始めてから
長所から見ることをしています。

そうすると
相手もすぐ受け入れてもらえる。

また、友人が増える。

短所と長所は、紙一重。

几帳面と感じる人と
潔癖性と感じる人。

長所にも短所にもなる。

それなら、良いほうから見ていく。

そうすると、
気楽に人と向き合えるはず。
by selapia | 2008-07-11 17:49 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)

金曜のランチ

ざるうどんです。

かしわうどんは、後日ですね。
暑いので変更!

b0106766_172547100.jpg
b0106766_1726521.jpg

by selapia | 2008-07-11 17:26 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)
野菜が入りました。
今日の午後に入荷です。

キュウリは、一本 40円
トマトは、1個70円

新鮮野菜は、いかが?
by selapia | 2008-07-11 16:36 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)
函館の「セラピア」
バリアフリー化完了

障がい者の就労訓練拡充へ

 障がい者の就労支援に取り組む函館市のNPO法人セラピア(平田聡理事長)が運営する同市亀田町20番9号の「障がい者自立支援センター・セラピア」の改修がこのほど完了した。約50平方メートルの施設内の壁を取り外して広い空間にし、段差をなくしてバリアフリー化。大勢の障がい者を受け入れる準備が整った。(小森美香)

 セラピアは、2006年に発足。昨年6月には施設内にカフェ・セラピアを開店した。ただ、廊下が狭く車いす利用者が活動しにくいことなどから、持ち帰り専用の喫茶店として営業していた。改修により店舗部分は約30平方メートルと広くなり、店内で飲食が出来るように衣替えをした。これにより、大勢の障がい者に喫茶店業務などの就労訓練の場を提供できることに。店舗の改修を終えた6月14日からは、それまで休んでいた土・日曜もオープン出来るようになった。平田理事長は、「喫茶店のお客さまや障がい者の利用を増やして体力をつけ、障がい者自立支援法に基づく就労継続支援事業の指定を目指したい」と話している。問い合わせは、電話0138-45-1287、メールselapia@msc.ncv.ne.jpまで。
by selapia | 2008-07-11 09:46 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)

北海道新聞さまに感謝

お忙しいところ、
取材をしていただき、
本紙に掲載させていただきました。

ありがとうございます。


障がい者の社会参加の場を盛り上げたい

障がい者が地域の一端を担えるような街にしたい。



何より

地域を元気にしたい。



こんな思いで
活動しております。



応援してください!
by selapia | 2008-07-11 09:45 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)
玄関マットをレンタルしている。

業界王手のダスキンさまだ。

段差があり、車いす走行の妨げになるだろうと思っていた。

しかし、そんなことはなかった。

高さがそれほどなく、
車いすの乗り上げも苦にならない。

これは、使いやすいな。
by selapia | 2008-07-11 09:37 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)