人気ブログランキング |

アンシャンテルール、セラピア障がい者自らが得た収入で生活出来る「真の自立」目指し就労支援事業を運営。函館市亀田町17の22 国道5号 JR五稜郭駅より函館山方面徒歩7分 亀田交番近く ℡0138-45-1287


by セラピア函館

2008年 07月 06日 ( 13 )

待望の冷房設備

今週末に
エアコンが設置されます。

やっと
涼しい空間で
カフェを楽しむことが出来ます。

どうぞ、ご利用を!
by selapia | 2008-07-06 17:00 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(2)

JEF文庫

セラピア設置の本コーナーを

JEF文庫

と名付けます。

job ennjoy friend

当て字ですが、

「仕事をみんなで楽しく行おう」

の意味です。



ゆっくり、本を読みに来ませんか?
by selapia | 2008-07-06 16:59 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)

FSH

FSH(セラピア函館賛同会) a friend of selapia hakodate

1ヶ月に一度程度、
報告会を検討しております。

企業の代表者さまや大学教授など
20人程度が集まる会です。

障がい者の社会参加に理解があり
共に地域を盛り上げたいと思っている
方の集会です。

秋頃から、定期集会を予定。

詳細が決まりましたら、
お知らせします。
by selapia | 2008-07-06 16:41 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)

手話の数字

そろばんをイメージします。

手を横にしてください。

親指は5の玉。

人差し指から小指が1の玉。

十は、人差し指でカギを作ります。

人差し指と中指をたてて、百。
人差し指・中指・薬指をたてて、千。
人差し指・中指・薬指・小指をたてて、万。



手話も
奥が深いな。
by selapia | 2008-07-06 14:06 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)
カットパインを凍らせると
パインシャーベットのように食べることが出来ます。

また、
バナナにレモン汁をかけて凍らせて食べても美味。

暑さ対策に
夏ばて防止にどうぞ!
by selapia | 2008-07-06 14:03 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)

函館の気温、26度

13時現在の気温です。

26度。

暑いですね。

リアルタイムの北海道函館市の気温は、
こちらからどうぞ!

ヤン坊マー坊天気予報
by selapia | 2008-07-06 13:21 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)

休んでいるときに働く

今日は、日曜日。

本日も開所しています。

休日返上で開所。



ひとが休んでいるときに働くこと。

意外と得ることが多い。



アリとキリギリス

堅実に
一歩一歩前進します。

応援してください。
by selapia | 2008-07-06 12:29 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)

北海道の自立を考える

b0106766_12104552.jpg


北海道の自立を考える

出版:北海道新聞社

昭和61年2月25日発行



その当時の
北海道経済の問題点から
北海道の未来を書いた一冊です。
by selapia | 2008-07-06 12:23 | お勧めの一冊 | Trackback | Comments(0)
b0106766_1281047.jpg


ほうれんそうが会社を強くする

報告・連絡・相談の経営学

著書:山崎富治
出版:ごま書房

昭和61年9月30日発行

言うまでもなく
「ほう・れん・そう」
を徹底することによって
会社は成長する。

経営者は、読んでほしい一冊です。
by selapia | 2008-07-06 12:10 | お勧めの一冊 | Trackback | Comments(0)

日本史101の謎

歴史の裏舞台

日本史101の謎

著者・小和田哲男
出版:三笠書房

1992年3月31日発行

b0106766_1224720.jpg


数千年の時が封印した歴史の真実、
それを解き明かすと1つの謎が解け、
また、もう1つの謎が浮かび上がる!

たった一つの小さな出来事が
歴史を揺り動かすこともある。
また、ただ、一つの古文書が歴史的
大論争に終止符を打つこともある。

歴史は、面白い。
時に沈黙し、時に雄弁になる。
歴史がかたくなに閉ざした門を
押し開く鍵が、ここにある!

三笠書房より
by selapia | 2008-07-06 12:06 | お勧めの一冊 | Trackback | Comments(0)