人気ブログランキング |

アンシャンテルール、セラピア障がい者自らが得た収入で生活出来る「真の自立」目指し就労支援事業を運営。函館市亀田町17の22 国道5号 JR五稜郭駅より函館山方面徒歩7分 亀田交番近く ℡0138-45-1287


by セラピア函館

2007年 06月 06日 ( 7 )

二回目のふれあい広場は、セラピアを飛び出し、
函館市総合福祉センター「あいよる21」で行います。
今回は、フラダンス。
実演と体験が出来ます。
一般市民の方も参加可能。
今から楽しみです。




第2回セラピアふれあい広場
    フ ラ ダ ン ス

本場さながらのフラダンスを実演
ハワイの雰囲気を一緒に楽しみましょう
日 時: 平成19年7月28日(土)
      午後3時から午後5時
場 所: 函館市総合福祉センター(あいよる21)1階研修室
      函館市若松町33番6号
主 催: NPO法人セラピア
by selapia | 2007-06-06 17:00 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)
 訪問介護大手コムスンが虚偽申請で事業所指定を不正に取得していたとして、厚生労働省は6日、介護保険法に基づき、全国にある同社の介護事業所の8割に当たる約1600カ所について来年4月から2011年度までの間に順次、指定を打ち切るよう、都道府県に通知した。

 (北海道新聞より)

 障がい者福祉や高齢者福祉など福祉事業を運営する法人は、利益優先ではなく、利用者優先であることを肝に銘じなければならない。利用者が生活するうえで、必要な活動を支援するのが、指定サービス事業所である。運営していくためには利益が必要であるのは言うまでもない。しかし、虚偽をしてまで、福祉の仕事をする資格はない。
 「助け合いのこころ」
私たちも、いずれサービスが必要になる。それまで、奉仕をするくらいの気持ちが大事では。
 「何か私どもに出来ることをさせていただく」
これからも、謙虚なこころで自立支援させていただきます。
by selapia | 2007-06-06 16:21 | 時事持論 | Trackback | Comments(0)

本日の車いすアイズ

スロープ設置場所の表示。

正面玄関には、段差があり入れない。
しかし、裏側に回ると
スロープがある店舗や、段差がない店舗だった。

正面玄関に
その旨の表示があると嬉しい。
「車いすのお客様は、こちらから」
など、絵や矢印を使い
判りやすくしてほしい。

障がい者にやさしい店舗は
企業にとってもプラスになるはずである。
by selapia | 2007-06-06 12:08 | 車いすアイズ | Trackback | Comments(0)
体調が悪い時は誰にでもあります。
しかし、その日に重要な会議や商談があるかもしれません。

そのために
日頃から、体調の維持に心がける。
軽視しやすいかもしれませんが
一番大事なことです。

具合が悪いと思ったら
早めに休む。
お風呂にゆっくり入る。
お風呂を控える。
など、自分なりの体調維持の方法を考えよう。

私も体調の悪い時がある。
その時は、悪化しないように水分を多めに摂り、早めに休む。

具合が悪く、周りに迷惑をかけるおそれがある場合は、
休んだ方が良いですが。

早く、体調が良くなり、
元気な顔を見せてください。
by selapia | 2007-06-06 11:34 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)

野菜市と焼きたてパン

昨夜、仕込みをしたパンを店頭に並べました。
柔らかさは、ありますね。

今日の野菜、
アスパラは、1束50円
沢山売れてます。

市民の皆さんありがとう。
by selapia | 2007-06-06 11:11 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)
昨日、ケーブルテレビの取材がありました。
7月の放送予定です。

どうぞ、ご覧ください。
by selapia | 2007-06-06 11:01 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)
北海道新聞に私の活動の紹介記事が掲載されました。
新聞記者さま、
この度は、ありがとうございます。
これからも、よろしくお願いします。
by selapia | 2007-06-06 11:00 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)