アンシャンテルール、セラピア障がい者自らが得た収入で生活出来る「真の自立」目指し就労支援事業を運営。函館市亀田町17の22 国道5号 JR五稜郭駅より函館山方面徒歩7分 亀田交番近く ℡0138-45-1287


by セラピア函館

就労継続支援A型は、新年度さらに報酬減。労働時間により報酬。A型の廃業が懸念される。

b0106766_09160149.jpg

札幌の研修会にて、新年度の報酬単価の説明があった。
就労継続支援A型事業所は、障がい者さんを雇用し、最低賃金を支払う。
平成30年度から労働時間により報酬が決まることになる。
利用時間ではなく、労働時間だ。
休憩時間や昼休みは原則カウント出来ない。
一時間当たり810円の賃金を支払う。
A型事業所は、運営が出来なく、廃業が懸念される。

A型に求められるのは、機械化、オートメーション化。
人間の速さでは限りがあり、
菓子を作るにしても
機械化が求められる。

北海道の最低賃金は810円。
一時間に810円の利益が出る仕事。
不可能に近いのでは?



ひまわり事業所やたんぽぽ事業所は、B型へ。
移行し、私もホッとしました。

NPO法人セラピアが運営するのは、
アンシャンテルールB型事業所だ。
A型のままでは運営が難しかったであろう。
トラックバックURL : https://selapia.exblog.jp/tb/28184901
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by selapia | 2018-03-11 09:15 | 時事持論 | Trackback | Comments(0)