人気ブログランキング |

アンシャンテルール、セラピア障がい者自らが得た収入で生活出来る「真の自立」目指し就労支援事業を運営。函館市亀田町17の22 国道5号 JR五稜郭駅より函館山方面徒歩7分 亀田交番近く ℡0138-45-1287


by セラピア函館

銭湯

バザーが終わり、銭湯へ。

b0106766_16501837.jpg

初めて、亀田町の千代の湯。

70歳の気さくな女将さんが
番頭にたつ。
料金は、値上がりしたようで
440円。
重油の高騰で、厳しい経営と思われる。

100年を越える銭湯。
女将の許可を得て、撮影
b0106766_1655294.jpg

下駄箱と傘箱。時代を感じる。
b0106766_1658532.jpg

b0106766_16591646.jpg


札幌の北大近くに、梅の湯があった。
今は、 マンションになり、オーナーは、最上階に住んでいる。懐かしいなあ。


b0106766_16582152.jpg

喫煙室があった。
分煙の先駆けだったと思われる。

b0106766_1701710.jpg

今で言うドレッサー。
洗面台はない。
美容室を思わせる。

b0106766_1714462.jpg

ナショナルのストーブ。
懐かしいなあ。

湯船は、中央にある。
かなり深く、銭湯らしい。

奥には、小さな低温風呂が。

ラドン風呂。
ポカポカの風呂でした。


脱衣場のポスターが見応えあり。
何とも日本風のモデルさんが…。

男湯と女湯が近く感じる。
脱衣場も近い。
小さな通路があり、幼児が行き交うようだ。

声が筒抜け。
だから、公共施設に行くと
お喋りを慎むのかな?

b0106766_1656024.jpg

トタン屋根に煙突。
歴史が読み取れる。

b0106766_16565475.jpg

丁度、着陸体制の飛行機が通過。
亀田町は、飛行機の通り道。
飛行機からも亀田町が見えますよ。

函館市内から姿を消す銭湯。
千代の湯は、残したい建物だ。
トラックバックURL : https://selapia.exblog.jp/tb/23171014
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by selapia | 2014-08-16 16:46 | 函館ここがイチ押し | Trackback | Comments(0)