アンシャンテルール、セラピア障がい者自らが得た収入で生活出来る「真の自立」目指し就労支援事業を運営。函館市亀田町17の22 国道5号 JR五稜郭駅より函館山方面徒歩7分 亀田交番近く ℡0138-45-1287


by セラピア函館

<   2006年 12月 ( 59 )   > この月の画像一覧

来年もよろしく!

本当に、今年は
いろんな方々に支えられ、
ここまで、来ることが出来ました。

理事一同、感謝申し上げます。

遠くは、九州からもエールをいただいております。
皆さまが、1年幸せに過ごせますように。

当法人は、自治体の補助金が確定しますように。

b0106766_15302389.jpg


よろしく、お願いします
by selapia | 2006-12-30 15:31 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(2)

今年は・・・

こんな、鏡もち。
招き猫さんが着いています。

b0106766_1526396.jpg


沢山の皆さまが利用できますように。
皆さまに幸福を招きますように
by selapia | 2006-12-30 15:26 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)

大掃除です

天気が良くてよかった。
でも、寒いなあ。
手が、冷たい。

b0106766_15234184.jpg


しめ飾りをつけて。


来年は、良い年に!
by selapia | 2006-12-30 15:24 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)
b0106766_1418551.jpg
たくさんの企業さまのご協力により
第1回のカレンダーバザーを開催中。



お気持ちをいただけたら
嬉しいです。

今後とも
NPO法人セラピア障がい者自立支援センターを
よろしくお願いします。
by selapia | 2006-12-29 14:17 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(2)
景気が良いと言われていますが、
ここ北海道函館は、そんな感じはしません。

企業は、カレンダー配布を自粛しているようです。
そのため、新年カレンダーバザーが好評です。

協力していただいた、企業さま
ありがとうございます。

b0106766_1415348.jpg


新年のイベントに使わせていただきます。
by selapia | 2006-12-29 14:15 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)

7代目のぬいぐるみ

クリスマスも終わり
冬本番です。

窓辺のぬいぐるみも
7代目となりました。

b0106766_13315411.jpg


ピングーのチェックマフラー
の双子です。

今日も交通安全や防犯で
窓から外を見ています。

交通事故のないように。
安心して住める街でありますように。
by selapia | 2006-12-29 13:34 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)

クッキーはいかが?

北海道産小麦100%使用の
美味しいクッキーはいかがでしょうか。
地方発送も出来ます。

b0106766_13245858.jpg


知的授産施設「かいせい」で
利用者さんがつくりました。

1袋 100円です。
是非、一度、ご賞味ください!
by selapia | 2006-12-29 13:26 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)

ご理解を

説明します。
お世話になっています知的授産施設「かいせい」主催の
新年カレンダーバザーに協賛すべく、カレンダーを集め、
100部くらいになりました。

町内の皆さんにそのお話をすると
駅までのアクセスがないとのこと。
確かに、バス路線はすべて本町へ。
欲しいけど、行けない。
そのような声が多いです。

町内の皆さんにもお世話になっており、
駅バザーの前日まで
町内限定で、
新年カレンダーバザーを行うこととなりました。

高齢者が多い地域で
駅まで行くには、本当に大変です。

この「ちょこっとバザー」に
ご理解をお願いします。

                  理事一同
by selapia | 2006-12-29 11:46 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)
いつも、見てくれてありがとう。
沢山の訪問者に感謝です。

障がい者の社会参加の場・日中活動の場を
提供するために、この春立ち上げました。

このような施設は、必要ないのでしょうか。
自力で活動するには、やはり限界があります。

利用者さんは無料施設を選びます。

新規参入は、認めない。
充実しているから、既存で十分。

では、問い合わせが多いのは何故でしょうか。

このままでは、
在宅化ではなく、「引きこもり化」となります。
日中活動を充実しなければ、在宅推進は出来ないのではないでしょうか。

必要なところに必要な支援を。
道路整備や施設建設ではなく、
福祉活動の推進、人材育成、地域活動に適切な支援を。
これを望まずにいられません。
by selapia | 2006-12-28 13:31 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)

たくさんの人に支えられ

本年は、色々とありがとうございました。
山あり谷ありでしたが
ここまで、到達することが出来ました。

関係者の皆さま
協力員の皆さま
企業の皆さま
ありがとうございました。
感謝申し上げます。

来年も、ご支援ご協力の程
よろしくお願い申し上げます。

            理事一同
by selapia | 2006-12-28 13:20 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)