アンシャンテルール、セラピア障がい者自らが得た収入で生活出来る「真の自立」目指し就労支援事業を運営。函館市亀田町17の22 国道5号 JR五稜郭駅より函館山方面徒歩7分 亀田交番近く ℡0138-45-1287


by セラピア函館

北海道新聞記事を公開(19.12.7)夕刊

街なかエコノ

障がい者の冬の外出を支援
 函館のセラピア

履きやすいブーツ販売
 足先までのファスナー特徴

 障がい者の自立支援に取り組む函館のNPO法人セラピア(平田聡代表)が、身体の不自由な人も履きやすい「温かいブーツ」を販売している。
 長男が身体が不自由な漆崎能子さん(札幌在住)が「息子にも暖かい靴を」と親心から考案した。漆崎さんが設立した「工房旬」が1998年から製造していたが、道南での取り扱いは少なかった。
 足先までファスナーで開き、簡単に履けるのが特徴。外出が楽しくなるようヒョウ柄などおしゃれなデザインにした。価格は、サイズやデザインによって9300円~13300円。
 セラピアは「障がい者の冬場の外出を応援するため、取り扱いを決めた」といい、ブーツを含む工房旬製品の展示説明会を8・9の両日、函館市亀田町20の同法人で開く。問い合わせは、メールselapia@msc.ncv.ne.jpへ。

平成19年12月7日(夕刊) 北海道新聞記事を抜粋
トラックバックURL : http://selapia.exblog.jp/tb/7876211
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by selapia | 2007-12-29 12:39 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)