アンシャンテルール、セラピア障がい者自らが得た収入で生活出来る「真の自立」目指し就労支援事業を運営。函館市亀田町17の22 国道5号 JR五稜郭駅より函館山方面徒歩7分 亀田交番近く ℡0138-45-1287


by セラピア函館

北海道新聞記事を公開!

車いす入店出来る店の紹介
 函館のNPO美原地区対象に
 地図作り無料配布

 函館で障がい者の自立支援に取り組むNPO法人セラピア(理事長)は、商業施設の集まる函館市美原地区を対象に、車いすでも利用しやすい店をまとめた「バリアフリータウンマップ」を作製、無料配布を始めた。(北海道新聞酒井聡平記者)

障がい者の外出を応援

 マップは、A5版、全10ページ。車いす対応駐車場・トイレ・スロープなどを設置している店はそれぞれ記号で表示し、入口の段差5センチ以下の店は枠で囲んである。幅員の狭い歩道や車の往来の多い交差点には、その状況を記載して通行時の注意を促している。
 車いす利用者のための地図製作は、昨年の同市亀田町に続き2カ所目。今春に同法人スタッフと障がい者、学生ボランティア計9名が車いす3台に乗って、現地調査、情報をまとめた。
 発行部数は、千部。同法人事務局で無料配布中で、近く市内の養護学校や福祉施設に寄贈して活用してもらう考え。
 理事長は、「障がい者の外出が応援の目的。今後も製作活動を続け、いずれは函館市を網羅する1冊の地図帳に仕上げたい」と話している。
 地図に関する問い合わせは、理事長メールselapia@msc.ncv.ne.jpへ。 
トラックバックURL : http://selapia.exblog.jp/tb/7617719
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by selapia | 2007-10-24 11:38 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)