アンシャンテルール、セラピア障がい者自らが得た収入で生活出来る「真の自立」目指し就労支援事業を運営。函館市亀田町17の22 国道5号 JR五稜郭駅より函館山方面徒歩7分 亀田交番近く ℡0138-45-1287


by セラピア函館

北海道新聞の記事を公開!

車いす使い現地調査

函館のNPO法人セラピア
歩道や店舗地図作りへ


 函館で障がい者の就労支援や作業所の運営を行っているNPO法人「セラピア」は26日、商業施設が集まる同市美原地区で、車いすを利用しながら歩道や店舗の使いやすさなどを調べた。調査結果は、今夏までに地図にまとめ、函館市内の養護学校などに配る予定だ。
 調査と地図の製作は、同法人が障がい者の社会参加を促すために昨年から実施。今回は、昨年の亀田町に続き2回目となる。
 この日は、セラピアのスタッフほか、身体障がい者や学生ボランティアら約10人が参加。障がい者や学生が車いす3台に乗り、横断歩道と歩道の段差、各店舗の入り口の広さ、店員による介助の状況などを調べた。道教大3年男子学生は、「車いすでは、歩道のわずかな傾斜もすごく怖かった」と話した。


平成19年5月29日(火曜日) 北海道新聞(夕刊)より



北海道新聞社
トラックバックURL : http://selapia.exblog.jp/tb/6917643
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by selapia | 2007-05-30 10:17 | 障がい者支援センター | Trackback | Comments(0)